0051
0051
0051
0051
0051

シーバレポート
Vol.134

field staff 高橋  誠


私の住む太平洋エリア。
今年は暖かく、青物は近年まれに見る好調。
しかし、ことごとく青物にはフラれっぱなし・・・
おまけにシーバスはいまいちパッとせず、フィールドで素振りをしながら、今か今かとシーズンインを心待ちにする。

そこへ、あるポイントにかなりの数のシーバスの群れが入って来た情報が入る。

群れは、西へ東へ目まぐるしく移動している様だが、待ち伏せする場所は決まった。

ポイントに着くと、10mを越える爆風と、3mを越える高波。
おまけに濁りもキツい・・・
だが、既に群れが通った直後らしく、皆、鱸クラスをかなりの数ランディングしていた。

まだチャンスはある。

飛距離とアピールを考え、迷わずビッグミノーをセット。

ディフューザーは、本当に使えるルアーの幅が広い。
9cm 10数g から、今回使った15.5cm 30g超えのミノーまで。
そして、45gのメタルジグやドラゴンビートも。
ルアーの重さによって、曲がってくれるセクションが違うので、
どのルアーもストレスなくキャストができる。

今回、その後も回遊が続き、幸いにも82cm 4kgオーバーのランカーと73cm他数尾をキャッチ。

シーバスは初めてディフューザーでファイトしたが、今回の様なタフなコンディションの中、ランカーでさえ主導権はこちらだった。

一緒にいた仲間も数人ディフューザーを使っていたが、皆口を揃えて言うのが
「軽さからは想像できないリフティングパワー」だった。

パワーがあってファイトが面白く無いと言う訳では無く、ファイトが楽しめるしっかりとしたパワーとでも言おうか・・・

高波の奥からサーフまでランカーを引っ張り出せるそのパワー。

是非実感して頂きたいと思う。

そして、いつも情報を共有してくれ、フィールドでも楽しく付き合ってくれる地元のシーバスコミュニティの大先輩達、
仲間達に感謝です!



 

ロッド保証規定(必ずお読み下さい)

ロッド保証規定はこちらから

釣果情報&画像

釣果情報、画像はこちらから

小売店様へお願い

メールで注文して頂いております小売店様、只今サーバーに不具合が生じておりますのでメールが届いていない可能性があります。大変申し訳ありませんがFAXでの注文をお願い申し上げます。 ご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありません

SOULS展示会情報

11月5日(土)〜6日(日)
岩手県盛岡市 キャスティング盛岡店
トラウトロッド受注会

11月13日(日)
青森県八戸市 まべち釣具店
トラウトロッド受注会

11月26日(土)
宮城県名取市 杜の家ブルック
トラウトロッド受注会 

11月以降のイベント日程はこちら

有限会社 ソウルズ

会社概要


HP制作美濃吉